二重

二重手術の種類について

女性と花

二重手術とは瞼を二重にする手術のことです。様々な種類がある二重手術について説明したいと思います。
・埋没法
糸を使い瞼を縫い合わせることにより、二重を形成する手術です。ナチュラルな仕上がりで最も日本人に合うとされている「未広型」と呼ばれる方法。「奥二重」と呼ばれる一見一重に見えるような二重を形成する、この二つの方法があります。この方法はメスを入れないので傷跡が小さく、術後の腫れがすくないです。ですが、何かの衝撃で糸が取れてしまう可能性があり、その場合は一重に戻ってしまうといったデメリットもあります。
・部分切開法
瞼が分厚い事で二重ができにくいや、瞼の脂肪が多い人に施す方法です。瞼を部分的に切開し、内部を糸で縫い合わせ二重を形成します。内部で糸を縫う事となるので、吸収系の糸を使いますが、体内に吸収されるまでは瞼に違和感が残ります。
・全切開法
瞼を広範囲切開し、余分な脂肪や希望した二重のラインに切開し、二重を形成する方法です。この方法はこれらの手術の中で一番効果が高く、一番術後の腫れが大きい事が特徴であり、時間と予算をたくさん使う事となります。
小規模の物から大規模のものまでさまざまな手術法があり、これらは主治医としっかりと相談し、自身にあった手術方法を決定してください。

トピックス

バンザイ

二重手術の一つになる切開法の特徴について

二重手術の一つである切開法には、全切開法と部分切開法の二つの方法があります。部分切開法は全切開法と比べると、まぶたの痛みと…

詳細を読む 女性と花

二重手術の種類について

二重手術とは瞼を二重にする手術のことです。様々な種類がある二重手術について説明したいと思います。・埋没法糸…

詳細を読む 髪の長い女性

二重手術の必要性について

現在、目における整形と一口で言っても多種多様な手術方法があります。その中でも特にプチ整形(埋没法)は、手術時間も数十分で終…

詳細を読む